top of page
  • kikenunten20230721

宇都宮の一般道時速160㎞事件の署名をお願いしています。

今年の2月に宇都宮市内で起きた死亡事故で危険運転致死罪の適用を求めています。乗用車を運転していた加害者は、連れのバイク2台とスピードを競いながら国道4号を走った挙句、前方を走っていたバイクに時速162キロで追突し、会社員の佐々木一匡(かずただ)さん、63歳が亡くなりました。

昨年の大分での時速194キロ暴走運転死亡事故と態様が酷似しているのですが、またしても危険運転致死罪での起訴となっていません。『直線道路だったから』と言うのが副検事の説明だそうです。

初公判はすでに開かれていますが、危険運転致死罪への訴因変更を求めて遺族が電子署名、手書き署名の両方を集めています。 もしよろしければぜひご協力ください。


(署名の後に出てくる寄付の画面はスルーして頂いて結構です。寄付を求めている活動ではありません。)


大分合同新聞 2023年7月23日朝刊より

0件のコメント

Kommentare


bottom of page